このページの本文へ移動

富士通コンポーネント

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 2011年 >
  4. 小形電力センサー内蔵スマートコンセント新発売(富士通コンポーネント株式会社/株式会社富士通研究所)
プレスリリース

2011年03月07日
富士通コンポーネント株式会社
株式会社富士通研究所

小形電力センサー内蔵スマートコンセント新発売

コンセント単位で消費電力を「見える化」し省エネに貢献

(スマートコンセント FX-5204PS、ゲートウェイ FX-5250GW)

富士通コンポーネント株式会社(本社:東京都品川区、社長:石坂宏一、以下、富士通コンポーネント)は、株式会社富士通研究所 (本社:川崎市中原区、社長:富田達夫、以下、富士通研究所)が開発した高分解能小形電力センサー技術を用いた電源タップ、スマートコンセント(FX-5204PS)を4月より販売開始いたします。
本スマートコンセント(FX-5204PS)を使用することにより、コンセントに接続した機器ごとの電力消費を1Wから「見える化」できます。これは、接続された機器の待機電力も測れる精度であり、人や機器単位で使用電力のムダ、ムラを「見える化」することで、業務の生産性を損なうことなく省エネルギー化を推進します。

スマートコンセントとゲートウェイ

スマートコンセント FX-5204PSとゲートウェイ FX-5250GW

表示イメージ(簡易測定ソフトウェア使用時)

表示イメージ(簡易測定ソフトウェア使用時)

スマートコンセント(FX-5204PS)は、 1つに4個のコンセントを接続できる電源タップで、1コンセントごとに1W単位で消費電力を検出できます。検出した値はUSBインターフェース経由で出力でき、その検出値を添付簡易測定ソフトウェアを使用してパソコンで表示できます。さらに別売のゲートウェイ (FX-5250GW)を接続することで、検出データをネットワーク経由で閲覧することができます。これより、例えばスケジューラと連携して利用者の業務と消費電力を関連付けて表示するなど、利用者の省エネに関連付けた行動を期待できます。

電力検出には、株式会社富士通研究所が2010年3月に発表した非接触型電流センサー(注1)に新開発の電圧測定回路を組み合わせた新しい電力センサーを搭載しています。新搭載の電力センサーは電流と電圧に位相差があっても有効電力を正しく検出できます。さらにコンセントごとにオン・オフできるスイッチを付加して、利用者の利便性も向上させています。

富士通株式会社の一部オフィスでスマートコンセントの利用を試行したところ、従来に比べ約15%の消費電力を削減することに成功しました(注2)。 なお、本試行の詳細は、3月14日より東京都市大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区)にて開催される電子情報通信学会主催の総合大会にて発表します。

富士通コンポーネントは、スマートコンセント(FX-5204PS)とゲートウェイ (FX-5250GW)のラインナップ強化を含め、今後も消費電力の「見える化」によりCO2削減に貢献する製品群の提供を進めていきます。

発売時期

2011年4月(スマートコンセント FX-5204PS /ゲートウェイ FX-5250GW )

販売価格

オープン価格(スマートコンセント FX-5204PS /ゲートウェイ FX-5250GW )

販売目標

スマートコンセント FX-5204PS 10,000台/年
ゲートウェイ FX-5250GW 2500台/年

主な仕様

スマートコンセント FX-5204PS

形格 FX-5204PS
コンセントくち数、形状 4個、アース端子付き平行2P (NEMA 5-15R)
定格容量 15A 125VAC
電力容量 合計1500Wまで
電力検出分解能 1W * 1
出力インターフェース USB2.0
消費電力 最大0.5W
外形寸法(電源タップ部) 幅298mm×縦82mm×高さ32mm
ACケーブル長 2,000±50mm (プラグ端子含まず)
添付 簡易測定ソフトウェア

*1:負荷が安定している場合

ゲートウェイ FX-5250GW/AD、FX-5250GW/PE

形格 FX-5250GW/AD FX-5250GW/PE
スマートコンセント接続可能数 4個(USB接続)
電源 5VDC PoE
信号出力 Ethernet 10/100BASE-TX
消費電力 最大5W
外形寸法 幅125mm×縦104mm×高さ50mm
添付 ACアダプター --

添付資料

PDF 仕様に関する詳細資料(126KB)

注釈

(注1)

株式会社富士通研究所の2010年3月31日付リリース:http://pr.fujitsu.com/jp/news/2010/03/31-3.html

(注2)

富士通内の一部グループにおける試行実験の結果。適用部署により効果は大きく変動する可能性があります。


本件に関するお問い合わせ

富士通コンポーネント株式会社
マーケティング本部 第三マーケティング部
電話: 03-5449-7006(直通)
E-mail:promothq@fcl.fujitsu.com

技術に関するお問い合わせ先

株式会社富士通研究所
環境・エネルギー研究センター エネルギー技術研究部
電話: 046-250-8261(直通)
E-mail:fgi-staff@ml.labs.fujitsu.com

以上


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。