PRESS RELEASE

2021年9月21日
富士通コンポーネント株式会社

メッシュネットワーク構築用USBドングルを開発

富士通コンポーネント株式会社(本社:東京都品川区、代表執行役社長 木下雅博)は、メッシュネットワーク構築用のUSBドングルFWM8BLZ09xシリーズを開発しました。
FWM8BLZ09xシリーズ

FWM8BLZ09xシリーズ

富士通コンポーネントのメッシュネットワーク用製品は、Wirepas Massive技術(注1)により、周囲のノイズや干渉、デバイス数などのネットワーク環境の変化やデバイスの故障発生に応じて自律的にルートの再構築を行い、大規模分散型システムを容易に構築できるIoTソリューション向け製品です。
今般当社ではPCやWi-Fi用ゲートウェイなどUSBポート付の機器に接続して容易にWirepas Massiveの機能を追加できるUSBドングル FWM8BLZ09P(アンカー)、FWM8BLZ09T(タグ)、FWM8BLZ09S(シンク)の3機種を開発しました。
富士通コンポーネントのメッシュネットワーク構築用USBドングルは、17.5×14.2×6.6mmの小型サイズでUSB Type Aのポートを持つ機器に接続することで、当該機器をWirepas Massiveネットワークのアンカー/タグ/シンク(注2)としてご使用いただけるようになります(図1)。
一例として、FWM8BLZ09T(タグ)をオフィス内の複数台のPCに接続し、適当な間隔でFWM8BLZ09P(アンカー)やゲートウェイを配置することで、各PCの位置情報を一括で管理するシステムを構築することができます。
図1: Wirepas Massiveの構成

図1: Wirepas Massiveの構成

各ドングルにはLEDインジケータ―が搭載されており、電源投入によりLEDが点灯しますので、動作の有無を目視で確認できます。
また、NODE_ROLE (HEAD_NODE/SUB_NODE)設定やBLEアドバタイズ設定などの動作パラメーターを無線経由で容易に変更できます。 FWM8BLZ09SはUSB (仮想UART) 経由で、FWM8BLZ09PおよびFWM8BLZ09Tはコマンド文字列の送信、AppConfig機能の利用でも設定変更可能です。
富士通コンポーネントは、これからも様々な場所で簡単に使えるメッシュネットワーク製品を提供してまいります。

注釈

注1: フィンランドに本社を置くWirepas社が開発した分散型IoTプロトコル。旧称Wirepas Mesh

注2:
アンカー:位置検出(WPE)用のRouter node、固定位置に設置
タグ:位置検出(WPE)用のNon-router node、移動する物品に付加
シンク:Gatewayに内蔵、Mesh Networkとの通信を行い、Gatewayのソフトウェアとのインターフェースを行う。ノードからのデータをGatewayのソフトウェアに渡す役割

スケジュール

サンプル:ご提供中
量産受注開始:2021年9月末

販売価格

オープンプライス

仕様概要

品名 USBドングル(アンカー) USBドングル(タグ) USBドングル(シンク)
形格 FWM8BLZ09P FWM8BLZ09T FWM8BLZ09S
適用技術 Wirepas Massive
送信出力レベル 最大+8 dBm
ホストインターフェース USB Type-A(給電のみ) USB Type-A, v2.0
アンテナ 内蔵
IC Nordic Semiconductor nRF52833-CJAA
搬送波周波数帯域 2400MHz ~ 2483.5MHz
変調方式 GFSK
シンボルレート 1 Mbps
変調度 0.5
チャネル数 27チャネル 40チャネル
チャネル間隔 3MHz 2MHz
動作温湿度範囲 -30~60℃ / +20~+80% RH(結露なきこと)
外形寸法 / 質量 17.5×14.2×6.6 mm / 約2g
取得認証(取得予定) 工事設計認証 、FCC、ISED、CE、RCM、RSM
  • ※9月27日 チャネル数とチャネル間隔を訂正しました

お客様お問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社
複合カンパニー 複合マーケティングセクション
電話: 03-3450-1645
E-mail: fcl-contact@cs.jp.fujitsu.com

以上

プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです 。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

このページを共有

  • instagramで共有